葬儀のアレコレはプロにお任せ~故人を見送るためのお葬式~

葬儀

葬儀の深い歴史

日本における葬儀の歴史について

葬式

形はどうあれ、人がなくなると何かしらの弔いの儀式を行うのは古代からおこなわれていました。日本においては、古事記にも記載があるといわれています。時代によって葬儀のあり方も変化を遂げていますが、現代のように火葬義務付けられたのは戦後のことで、比較的新しい歴史です。 日本では古くから共同体による葬儀が行われてきました。今でも地方では近隣住民がお通夜・お葬式の手伝いをする風習が残っています。自宅での葬儀が主流だったころは特に、祭壇の準備を近所の方が行ったり、通夜振る舞いの準備にお隣の台所をお借りしたりといったことは全国どこででも見られた風景です。 核家族化が進み、近所付き合いが薄れていくと同時に、会場を借りてするお葬式が一般化していきます。特に近年では、一般の方の場合、お葬式に参列する方の人数そのものが縮小傾向にあるといわれています。

今後はますます小規模化が進む

特に集合住宅の多い都市部では既に、近隣住民の方はお葬式に参列しないということは珍しくありません。こうしたこともお葬式の小規模化の要因のひとつではありますが、遺族や故人の希望として少ない人数でのお葬式が執り行われることもあります。それが家族葬や密葬といった形式です。 家族葬とは文字通り家族だけで行うお葬式で、密葬とはそれに近い親族などを加えたものです。いずれも、誰が参列していいという明確な定義はありませんが、近しい方のみ・限られた方のみで行う葬儀です。こうした葬儀を行う理由の一つは、参列者を気遣う精神的負担が減り、故人との別れを偲ぶ時間が持てるという点にもあります。また、大げさなことはしたくない、という理由を挙げる方もいます。特に近年増えている理由としては、経済的な要因です。お葬式費用を抑えたいという希望から、こうした限られた人数による小さい規模でのお葬式を望む方が急増しています。

身内で行う葬儀

お葬式

近年、身内のみで執り行う家族葬を選択する方が増えています。本人が生前から希望しているという場合もありますし、遺族の希望として家族葬が執り行われるというケースもあります。

葬儀の方法と費用

葬式

葬儀費用は大きく分けて、お葬式本体の費用、飲食接待の費用、お布施等のお寺に支払う費用の三つに分けられ、この他に火葬場に支払う火葬費用があります。事前に費用を把握しておくと良いでしょう。

古くからの葬儀

お葬式

葬儀は亡くなった方のためだけでなく、残された遺族のためのものでもあります。現代は自分達に合った葬儀を選べる時代です。規模や内容などをよく考えて、費用を予想しながら葬儀会社と相談していくことが大切です。